Home > Person who work on his life on the theme of protecting global environment

Person who work on his life on the theme of protecting global environment
地球人口77億人分の1人 わたしから地球改善エコ生活は始まります。

Global health, family health
I first sold tourmaline in Japan 14 to 15 years ago and had sales of 1 billion yen in 3 months, but I was deceived by a collaborator and I was at the bottom of my life. And I was thinking about suicide.


6When I was 60 years old, my friend forcibly took me to Jain, a famous Jain guru who lives in Kyushu (about 75 years old at that time). When I first met him, I wondered, "What do this old person know?"

 

You seem to be wondering,"What do this old person know?", But now that you have come this far, why don't you listen to this old person?" He said.

He seemed to see through from my heart, and I immediately answered "yes" and sat seiza-style. He advised, "You seem to have a strong stone god. When you are over 70, your destiny will be opened."

 


I searched for stone gods in various places and visited shrines. But I couldn't find it.

And at the age of 71 this year, I was able to discover the photon formy dynamic theory by combining the natural oscillating ore developed mainly with natural hot spring ore and the property of mediating electromagnetic interaction by photons.  This is not the conventional combustion type energy but the rotary type energy.


Until now, humankind has failed with combustion-type energy. World Wars I and II were wars for oil. And, as a result of using too much fossil fuel, the ozone layer was destroyed.

Environmental measures that must be reviewed now
The American Indian fortune-teller Healer first predicted that it would be black water (oil) that would destroy the planet. The prophecy was only 100 years ago.

As predicted, humankind is about to destroy the earth, which was built over 4.6 billion years, in just 100 years. Ten years later, the Antarctic and Arctic ice is said to thaw.


そうすると、氷の中に眠っている何億年前の細菌が充満する。その菌には抗生物質が効かない。今、抗生物質が効かない菌が出てきているのはその前兆である。そうなればもう手の施しようがない。


今年2010年の夏は異常なほど暑く、赤とんぼが発生せずエビカニもいない。

この不思議な現象を人類は無視することができない。後1、2年先はこの地球もどうなっているか分からない環境状態にある。

だから、節約、環境、循環ということを考え直さないとならない。

地球はこのままでは10年もつかわからない。これは真剣に考えなければならないことである。

今、環境改善、そして健康面からフォトンホルミーを用いた製品が注目され話題になっている。この製品を使えば水を汚染する洗剤などは必要なくなり、車から出る排気ガスや煤(スス)も出なくなるからである。

そして今年、私は再びジャイナ氏を訪れてみると、ジャイナ氏は年老いていた。

するとジャイナ氏は「年老いていても、私はまだしっかりとしている」「ようやく見つけましたね。あなたの名前は日本だけでなく全世界に轟くだろう」と言われた。

私はお金や名声のためではなく、未来のこども達に青い地球をバトンダッチできるよう、

エコロジー活動としてこの製品開発に取り組んでいる。

2020年追記:パンデミックで自粛生活を送る中でここ最近分かることがある

2億5000年前の恐竜そのまま出てきている。地球温暖化で氷が溶けてきている。

コロナと洪水で分かち合い精神と地球温暖化を教えられている。植物と動物は分かち合いをして生きている。二酸化炭素と酸素と交換し合ってるが、人間だけが取り合いをしている。

 

ライオンもお腹いっぱいになったらそれ以上とらない。百姓が仕事をしてくれるからお米食べることができる。百姓もそれで生活することができる。分かち合いなんです。取り合いしたらいくらあっても足らないが、分かち合いしたら余る。そうじゃないと人間の世界これからやっていけない。

世の中は分かったつもりになっても不思議なことばかり。
18歳が将棋でコンピューターでも分からない勝ち方をする人がいる。この人はコンピューターでインプットされていない一手を使う。

 

人間オギャァと生まれてから肉の塊を60兆の細胞が動き続けてくれている。1人の体の中に30個の水爆ができる元素がある。脳じゃない。身体を動かしているのはエネルギーである。

 

地球ができて45億年。菌ができて30億年。人間ができて500万年。人間が新参者。人間は宇宙人。菌が人間を追いかけてるのではない。マスクは、人のためにしている。人間関係は、自分のことだけを考えるのではなくて、周囲の人に優しくしなければいけないと神は教えてくれている。

 

この間も地球動いてくれている。朝になったら太陽で明るい。こんな不思議なことはない。世の中は分からないことばっかり。世の中は分からないことばかりでこの世に活かされている自分。氷山の一角で見えるのはわずか3%で、その土台を見なければいけない。

カルマは今までやってきた行動をポジティブに考えるという意味。頭で過去の経験で考えるほど間違える。潜在意識を書き換えるアファメーションはハート(心)でする方が正しい。ハートは良いことを考えてくれる。


譲り合いしたら余るが、取り合いしたら足らない。これからは、マイナス成長も考えていかなければいけない。
物を捨てたら愛着がかからないが、物を大事にしたら愛着がわくものだ。

使ってみないと分からない商品だから、使って実感してほしい。いらなかったら返してくれていい。

1日100円でエコ生活をしながら商品も自分のものになる形でお客さんに喜んでもらいたい。

​(社)日本エネルギー応用研究開発機構 

(株)カリアーギフト 取締役 

  八尾憲二郎(Kenjirou Yao)